HOME


桒原研究室のホームページへようこそ。
当研究室では、生物有機化学および進化分子工学等を基盤としてバイオ分析・医学関連分野の研究開発を行っています。
新しいバイオマーカー簡便検出法や核酸アプタマーを用いたドラッグ・デリバリー・システム等に関する研究開発に関心がある方をお待ちしています。
また、専門性を高めるため、当該分野で活躍されている先生方をお招きし、Bioanalytical and Biomedicinal Chemistry (BBC) セミナーを開催しています。

NEWS

2020年07月08日
SATIC法の開発についてマスコミ各社による合同取材会が行われました。(https://www.nihon-u.ac.jp/topics/2020/07/11975/)
2020年07月01日
SATIC法の開発に関する記事が朝日新聞に掲載されました。「30分で感染判定 新検査法を開発」(7月1日・朝刊・第16面)
2020年06月25日
テレビ東京・ワールドビジネスサテライトの「経済再開へ“開国”のカギは?」の中でSATIC法が紹介されました。(https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_204901/)
2020年06月23日
SATIC法の開発に関する記事が上毛新聞に掲載されました。「コロナ新診断法実用化へ 塩野義製薬と契約」(6月23日・日刊・第1面)
2020年06月22日
SATIC法の開発がNHKニュースで報道されました。「新型コロナ 30分以内に感染判定 新検査法開発 実用化へ」(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200622/k10012479561000.html)
2020年06月22日
SATIC法の開発がテレ朝ニュースで報道されました。「感染検査「SATIC法」実用化へ PCRと変わらない精度」(https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000186746.html)
2020年06月22日
SATIC法の開発に関する記事が日本経済新聞に掲載されました。「塩野義、コロナ30分判定キット開発へ 日大などと契約」(6月22日・朝刊・第1面)
2020年05月20日
SATIC法の開発に関する記事が上毛新聞に掲載されました。「コロナ感染に新診断法」(5月20日・日刊・第18面)
2020年05月14日
新型コロナウイルス(COVID-19)の迅速診断法の開発に関する東京医科大学との共同研究の成果がプレスリリースされました。(https://www.tokyo-med.ac.jp/news/2020/0514_170847002331.html)
2020年04月13日
C-反応性タンパク質および乳酸脱水素酵素-5に対する高親和性人工核酸アプタマーに関する研究成果がInternational Journal of Molecular Sciences誌に掲載されました。(doi: 10.3390/ijms21082683)
2020年03月25日
新型コロナ禍の中、学位記伝達が行われました。
2020年02月27日
歓送会を行いました。
2020年02月15日
ヒトβ-ディフェンシンに対する高親和性人工核酸アプタマーのセレクションに関する研究成果がAnalytical Biochemistry誌に掲載されました。(doi: 10.1016/j.ab.2020.113627)
2020年02月05日
研究室2期生の卒業研究発表会が行われました。
2020年01月14日
SATIC法の開発に関する記事が日経産業新聞に掲載されました。「バイオマーカー簡便に検出 日大、試薬に入れるだけ」(1月14日・朝刊・第6面)
2019年12月23日
忘年会を行いました。
2019年12月19日
人工核酸アプタマーを用いた唾液バイオマーカー検出法に関する研究成果が米国化学会Analytical Chemistry誌に掲載されました。(doi: 10.1021/acs.analchem.9b03450)
2019年12月17日
早稲田大学・教授・大橋啓之先生をお招きし、第7回BBCセミナーを開催しました。
2019年11月20日
一日旅行で鎌倉に行きました。
2019年10月28日
豪州マードック大学・准教授・Rakesh N. Veedu先生をお招きし、第6回BBCセミナーを開催しました。
» 続きを読む